今日は

 

 

IMG_0001

 

10馬力OHVエンジンの組立てが完了したので 早速エンジンかけてみたら・・・・

 

スカスカスカスカバーカ みたいな感じのエンジン音で ものすごく調子悪い。

もしかして組み方間違えてしまったかな?  と一瞬焦りましたが

 

 

原因は単なる マフラーエンドのカーボン詰まりでした。

 

IMG_0008

なかなかの詰まり具合です。

 

カーボン落としたら エンジンがビュンビュンと廻るようになりました。

 

おしまい。

YSM870 変速不良の修理

プランジャーシャフトの位置決めピンのガタがひどくて シフトリンク部をいくら微調整しても シフトガイドの穴にピンが上手くハマらず どうにもならないので  交換しました。

 

IMG_0001

 

 

しかし この部品を交換するのは・・・・・・

 

 

IMG_0002

 

 

たいへんです。

でも すごく調子良く変速できるようになったので  満足です。

エンジンオイルの交換

実際のところ 1年毎のオイル交換は 『 何が何でも絶対に必要 』 とまでは 思わないが・・・・

 

やっぱり 当店では 1年1度のオイル交換を おすすめします。( 使う時間にもよりますが )

 

きょうは

おそらく 100時間以上は オイル交換しなかった と思われる 除雪機が  またエンジン損傷 で入庫しました。

 

IMG_0002

 

これから 急いで修理したいとおもいます。

ヤマハ除雪機 (来期)2014モデルについて

今シーズン(2013モデル)は、11月下旬からの降雪もあり 早い時期にすべて完売となりました。

 

私の実感としては 札幌市内は完全に供給不足で お店としても機会損出が多く とても残念でした。

 

これは 近年続く西日本、甲信越など全国的な降雪により 各地で除雪機の引き合いが異常なほど多くなった。     にもかかわらず 生産ラインで 製造できる台数はそんなに増やせられない らしい。

結果このようなメーカー供給になってしまっているようです。

 

 

ということで      当店としては        今シーズンの反省を踏まえ・・・・・・

来シーズンこそは 確実にメーカーから商品確保するためにも  『 超早期ご予約 』   受付けいたします!!

 

 

今日現在の (来期)2014モデルの情報です!

 

Newモデル

YT1070(仮称)   当店販売価格 37万円以下の予定    静音設計でないオープンタイプの10馬力

YS1070J(仮称)  当店販売価格 40万円前後の予定   YS870Jに10馬力エンジン搭載の静音設計

 

 

ディスコンモデル (ディスコンティニュードの略) = 販売終了モデル

YS870J、YS870JT   8馬力の2モデル

 

その他モデルは 継続生産する予定とのことです。

 

早過ぎですが・・・・ご検討よろしくおねがいいたします!

 

 

 

今日の除雪機整備

静音設計除雪機YS1070 を整備させていただきました。

 

IMG_0006

 

 

エンジンに付いてる電気部品を取り替えたかっただけなんだが・・・

 

作業をはじめてみると そのままでは外せないことに途中で気がつき   観念!

エンジン降ろして やっと交換できました。

 

作業工賃的には ★2つ ほしいですぅ

 

 

 

 

 

 

今日の除雪機修理

先日エンジン焼付きの除雪機 YSM560 ですが。

補修部品で純正オーバーサイズのピストンやクランクシャフトが入手できない訳ですが

結局治すことにしました。 (治すというより 動くように?)

DSC_0362

 

オイル消費は多くなるかもしれないが    イケると思います。

 

今日は また一つの純正部品が 『販売終了』 になる瞬間を 見届けました。

DSC_0361

YSM560 の インペラプーリー   メーカー在庫 残り1個 を注文したら・・・

その後 その部品は 販売終了 になってしまった。

 

 

ガタガタ道

それにしても 道がガタガタで ハイエースが壊れるのではないかとドキドキしながら今日も除雪機の出張修理でぐるぐる市内を廻ってました。 ゆっくり走ってる錆びたハイエースを見かけましたら やさしく追い抜いて行ってください。

創成川沿いの道で タイヤホイールが外れてストップしてる車を見かけました。

市内全体がオフロードみたいな今の状況なら 運行前点検でホイールナットの締め付け確認した方が良いのかもしれません。