たのしかった12時間耐久エンデューロ

昨日は

朝の5時スタートから夕方5時のゴールまで

バイク本体と タイヤと ドライブチェーンや ブレーキパッド クラッチプレート あと運転する人間自体がどのくらい摩耗していくのか?   という耐久テストを主目的としまして

オフロードバイクに乗ってきました。

 

 

リザルト

 

走行完了後のバイクの摩耗具合は これから検証するのでまだわかりませんが

運転手の方は 1日経過後・・・

全身バキバキ すべての関節の動きが ロボットのような動きになってます。

 

 

広告

2018 北海道エンデューロ選手権第一戦 ルスツ大会に

愛車 ヤマハWR250Rで参加してきました。

リザルト

今回オンタイム方式のエンデューロレースだったわけですが

出たことない人にはルールがよくわからない(自分も実際出て 初めて理解できた。)かも ですが とても楽しいオフロードバイクのイベントです。

どんな感じか

ヘッドライトの部分にアクションカメラを仕込んで動画を撮ってみましたので(ヘルメット等 人間に取り付けるカメラは禁止されているため。)

お暇なかたは ご参考まで~

 

主にリエゾン(ルート)区間の動画 ↓

 

主にスペシャルテスト区間の動画です。 ↓

 

 

4月28

5月2日と3日はお休みしたいと思います。

 

話は変わりますが

 

ビックタンクマガジン(エンデューロバイク専門誌)の今月号に 黄色いカメラを持った奇妙な人が写ってる とのお客様からの情報をいただき

雑誌を入手してみました。

 

 

早速 ペラペラとめくってみると

 

 

 

レクシービショウ選手(2014年アメリカAMAエンデューロクロスのウィメンズクラスチャンピオン)の背後に・・・

 

 

そういえば

 

セローオンリー というヤマハセローの専門誌でも・・

 

ヤマハの元日本チャンピオン鈴木健二選手の背後に

黄色いカメラが・・・・

 

 

ということで

鈴木健二選手の スペシャル早いタイヤ交換作業の一部終始を勝手に撮影記録した動画を どうしても見たい方は 当店にご来店して 個別に面談 相談くださいませ~。

 

 

3月20日

YZ65のカタログが数部入荷しました。ご購入を検討のお客様には無料で差し上げます。

 

全日本エンデューロ選手権というオフロードバイクの競技が来月の広島県大会からスタートするのでそれ用のリヤタイヤ(FIM規格)で なんとなく良さげなタイヤを仕入れてみました。

今年の八剣山スノーレースでお世話になったシンコーというメーカーのFIM規格タイヤ

 

サイズ140/80-18はとても太く見えますが120/100と同等とのこと。リムにハメてないので比較できませんが他のものと並べてみました。

ダンロップエンデューロD909 120/90-18 65Rの使用済タイヤと。

BSモトクロスX20  110/100-18 64Mの使用済タイヤと。

 

’18YZ65(NEW)について

販売予約を開始いたします。

主な特徴

YZ85ベースにモディファイ(排気デバイス YPVS搭載)・バランスを最適化したクランクを設計・軽量コンロッド・高電圧イグニッションコイル・専用CDIユニット・6速ミッション

新設計のセミダブルクレードルフレーム・モノクロスサスペンション(伸側30段階減衰調整可能)・樹脂製チェーンサポート・別体アルミ製リアフレーム

(ライダー体重50㎏まで 7才~10才頃が対象)

 

その他 bLUcRU賞について

 

YZ65が新たに bLUcRU賞 対象モデルに追加されました。

bLUcRU賞対象レース: MFJ北海道モトクロス選手権のJX65クラス

2ヒート合計の総合順位で1~3位に賞典。

有効期間は(今回2018モデル新車を購入するとbLUcRU会員登録日~2020年12月31日までなので3シーズンのレースが有効になります。)